肌荒れを予防しよう!

肌の乾燥を予防することが大切


肌荒れを予防にはまず、乾燥対策をきちんと行うことが大切と言えるでしょう。肌トラブルの多くは乾燥が元になっていることが多く、ニキビ跡やシミ、くすみ、シワなどのあらゆるトラブルの原因になってしまうのです。
そこで気になるのがどういった対策が必要なのか?、ということですが、心がけた方が良いのがセラミド量を増やしてあげることです。セラミドは肌内部の水分バランスを保つ成分なのですが、年齢と共に減少していきます。そしてセラミドが減ってしまうと、保湿をいくらやっても効果が低くなってしまうのです。
よくクリームで蓋をするのが良いと言われていますが、それもセラミドが不足していると意味がありませんから、まずはセラミド量を増やすための工夫をした方が良いでしょう。

image

何気ない行為が刺激になる


肌トラブルのひとつにニキビ跡がありますが、スムーズに改善をするには肌のターンオーバーが順調に行われるようにしなければいけません。そのためには肌に刺激になることを控えることが大切と言えるでしょう。
例えばゴシゴシと擦る洗顔方法や肌に合わないコスメの使用、紫外線対策の不足、刺激性のあるタオルや寝具の使用など、これらは全て肌への悪い刺激になってしまいます。慢性的にこうした刺激によってダメージを加えてしまうと、肌内部の細胞の働きも悪くなり、結果的にターンオーバーが乱れてニキビ跡も治りにくくなるのです。
顔の肌は非常にデリケートにできていますので、まずは刺激を与える行為を控えて肌の再生を促してあげるようにしましょう。