お手入れの基本

お肌の周期を知っておく事


ニキビは正しいケアをしておかないとニキビ跡となって残ってしまう場合があるので注意が必要になります。肌荒れをしても、肌のサイクルである28日周期を過ぎれば肌が生まれ変わるので綺麗になる事ができますが、そこに至るまでに正しいお手入れをしていった結果綺麗になる事ができるので、毎日正しいお手入れをしていかないとどこかで肌トラブルを起こしてしまいます。肌トラブルの原因となる要因は沢山ありますので、肌にいくらいい物をつけていても、不規則な生活をしていたりするだけで肌荒れは起こります。そして荒れがひどくなるとニキビができてしまいますので、ニキビができた時は細心の注意を払ってケアしていかないと後で後悔する事になります。

image

ニキビができた時の対処法


ニキビができたら、まずはむやみに触らないことです。菌のついた指などで触ってしまうと、ニキビに余計な菌がついてしまって更に悪くなってしまう事もあります。一番やってはいけない事はニキビを潰すことです。ニキビが炎症を起こしていたりするとぷっくり膨れてくるので、気になって潰した方が早くなくなるかもしれないと考える人もいますが、それは大きな間違いです。その中にはニキビを治す為の大切な成分が入っていますので、潰すことでその大事な成分を外に出してしまうことになります。自然に治るまではそのまま放置して、洗顔などでもつぶれないように注意します。それで多少の跡が残っても、潰して跡が残るよりははるかに綺麗な状態になります。